といたにまめ

趣味全開の自己満足日記。好きなこと書いてます。ゆっくりしていってね。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グスタフ・クリムト

2010.02.18 (Thu)
ついったーでも長々と呟いていますが、

ソ・ラ・ノ・ヲ・トOPの絵の元は、オーストリアの画家 グスタフ・クリムトの絵画ということを知って

気になって、クリムトの絵画とかをググって調べてましたw

クリムトという人物についてはサッパリです。全然知らなかったです(^p^)

ただ、ソラヲトOPの絵とクリムトの絵画を見比べると面白いってだけなのですが←

分かりやすいのを一部紹介!


ちなみにクリムトの絵画はかなり独特なんですが、

見る人によってはちょっと怖い絵画もあるような気がします;;

そしてエロス←

書いてたら楽しくなっちゃって、めっちゃ長くなってしまいましたorz

本当に長いです^p^

それでもいいよって人は続きをどうぞーw











では最初はこちら。

クリムトの絵画【敵対する力】、【幸福への憧れ・弱き人間の苦悩】
クリムト1 クリムト2


ソ・ラ・ノ・ヲ・トOP
sora6 sora4 sora2 

sora5 sora3

左のクリムトの絵画にいる3人の女性は、「情欲」「不貞」「不摂生」を擬人化したものだそうです。

その背後にいるのは、病、狂気、死(背後)を擬人化したもの。

カナタ、クレハ、ノエルが絵画の3人女性と同じポーズをしています。

この絵画は、『人類の苦悩』を象徴しているそうです。

右のクリムトの絵画は、1人の騎士と祝福する2人の精霊。

この騎士は、敵対する力を打ち払う者なのかな?

この2人の精霊と同じポーズを、リオ先輩とフィリシア隊長がとっていますね。


続いてはこちら。

クリムトの絵画【敵対する力】
クリムト4


ソ・ラ・ノ・ヲ・トOP
sora1

邪悪な魔物が描かれたもの。

この魔物の名前は、テュフォンというそうです。

絵画の方では切れてますが、魔物の隣には身をゆがませ、怯える女性がいます。


これは絵画とソラヲトOPで比較すると、ほとんど変わっていませんが←



クリムトの絵画【悲劇】
クリムト3


ソ・ラ・ノ・ヲ・トOP
sora7


恐怖に怯えたような表情をしている仮面を持っている、というのは変わりなく

ソラヲトOPの方は、仮面を持っている人がリオ先輩になっていますw

これも一目で分かりますね(^ω^)



クリムトの絵画【金魚】
クリムト5


ソ・ラ・ノ・ヲ・トOP
sora8

絵画の女性が、OPではソラヲトのキャラになっています。

おしりですね←

透き通るような白い肌が特徴的な絵画。



そして最後は。


クリムトの絵画【ベートーヴェン・フリーズ≪第3場面-歓喜・接吻>>】
クリムト6


ソ・ラ・ノ・ヲ・トOP
sora9

絵画にいる女性たちが、OPだとソラヲトのキャラに。

彼女たちは人類を『理想の天国』へと導いたそうです。

その天国では誰もが喜び抱擁をし、その姿を天使たちが見守っている。という話。

『見守る天使』っていうのは、人類を天国へ導いた女性たちのことかな?

となると、第1121小隊のみんなは人類を導く天使!?

今後の展開も気になりますなぁ。


ここでは紹介していないだけで、絵画は他にもあります。

しっかりと物語もあるんですね。

まだまだ詳しい話とかは全然分かんないのですが、調べたことを簡単に整理すると



世界の崩壊が近づいたことにより人類は苦悩し、幸福に憧れる。

そして、苦悩している人々の願いを受け、幸福のために戦うのが剣と金の甲冑を装備した騎士。

その騎士を祝福する2人の精霊がいた。


そして、敵対する力が描かれます。

魔物(テュフォン)、3人の魔物の娘たち(3人のゴルゴーン)、

擬人化された「情欲」「不貞」「不摂生」、その後ろには病、狂気、死の擬人化、背景には巨大な蛇。

苦悩に身をゆがませる女性、その上を『人類の憧れ(←幸福など)』が飛び去っていった。

クリムト7
↑比較で紹介していなかった、3人のゴルゴーン(テュフォンの娘)


そして次の絵画の主題が『歓喜』。

第二の場面(敵対する力)の時に飛び去っていった『あこがれ』が詩歌を発見。

さらにその先で『人類を導く者』に出会う。

人類は彼女たちに導かれ、理想の天国に辿り着く。

その喜びに熱く抱擁しあう男女。その姿を天使(人類を導く者?)が見守っている。

クリムト8
↑理想の天国に辿り着いた喜びに抱擁しあう男女


と、こんな感じ。

第3の場面での『あこがれ』が詩歌を見つけるっていうのが理解できてないんですが、

とりあえずこんな感じの物語だそうです←

怪物や、欲望などで崩壊しかけ、苦悩した人類が天使の導きで憧れていた理想の地(天国)に行くお話なのかな?

ちなみに、所々間違ってる可能性大ですが許してください^p^

比較では、【金魚】や【悲劇】などの絵画もあるけど・・・。

これは今回の物語とは別の絵画なのかな?分かんないですorz



こう・・・詳しくないんだけど調べてると夢中になるね。

こういうことを知っておいてから『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』を見るともっと楽しめるかもしれないね!

絵画での物語だとハッピーエンドと言っていいのか何とも微妙な感じなんだけど、

ソラヲトはどうなっていくんだろうなぁ。

いや、この絵画の物語みたいになるわけじゃ無いと思うんだけどね(^p^)

とりあえずOPだけでここまで色々書けて楽しかったですw

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。